うこうこまーく!
ダウン症おーくんの子育てブログ
子育て全般

免疫力を高めるためにできること 〜新型コロナやインフルの感染・重症化予防〜

ご覧いただきありがとうございます、うこうこです。

以前、このような記事をまとめました。

ダウン症とコロナウイルス サイトカインストームについてご覧いただきありがとうございます、うこうこです。 2020.11月に、ダウン症とコロナウイルスの関連についての海外の論文を紹介させ...

そのなかで、新型コロナ感染症の予防・重症化を防ぐためには、普段の生活習慣を整え、免疫力を高めることが重要であることを指摘しました。

私自身、生活習慣は良いものではなく、風邪を引きやすいため、「これはまず自分がやらないとまずなぁ〜」と感じながら記事をまとめていました。

それから、免疫力を高めるにはどうしたら良いか、書籍を中心に調べていたのですが、おすすめの1冊がありましたので、紹介したいと思います。

免疫力を高めるために参考になる1冊

それは、”腸内環境と自律神を整えれば病気知らず 免疫力が10割” (小林弘幸 著、玉谷卓也 監修)です。

2020年の11月に出版された本で、メンタリストでYouTubeでも人気のDaiGoさんが大絶賛の1冊です。

タイトルからは大袈裟な印象を受けますが、分かりやすいだけでなくさまざまな研究に裏付けされた説得力のある内容になっています。この本もそうですが、巻末等に文献の記載が記載されてある本は、論理の筋が通っており内容の信頼性が高い本であるといえます。

おすすめの理由①自律神経を整えることは免疫力だけでなく心理的安定にも役に立つ

免疫力を高めるには、腸内環境と自律神経を整えることがポイントと述べられています。この自律神経ですが、私たちの気持ちの安定と深く関連します。

大きなストレスがかかると、自律神経が乱れることが分かっています。特に、トラウマのような心理的に大きな傷を受けると、自律神経が大きく乱れ、常に興奮や警戒した状態になりリラックスすることが難しくなったり、逆に覚醒が上がらずに感覚を感じにくくなったりすることがわかっています。

そのため、心理療法やカウンセリングの世界では、自律神経を調整するために、身体に働きかけるやり方が広まってきています。この本の中では、頭や腕をタッピングする方法などが紹介されていますが、「心理療法を活用しているなぁ」と感じる方法がたくさん紹介されており、納得のいく内容でした。

おすすめの理由②日常生活で取り入れやすい具体的方法がたくさん紹介されている

この本の中では、朝・昼・夜の場面において、簡単にできる免疫力をたけめる方法が紹介されています。さらに、腸内環境を整えるために重要な食事の習慣についても具体的に紹介されています。

実用的な本では、①具体性と②取り組みやすさ、が評価する際のポイントだと思っていますが、この本は双方ともにおすすめできる基準を満たす内容になっています。

おすすめの理由③サイトカインストームについて分かりやすく説明されている

この本の中には、サイトカインストームについての説明が記載されているのですが、一般の人にも分かるように丁寧に解説されています。

サイトカインストームについて過去の記事でまとめた際に、情報を色々と調べましたが、この本の説明がダントツに分かりやすかったです。

サイトカインストームはコロナ重症化の原因とされている状態で、いかにその状態を予防するかが重要になります。免疫システムの重要な要素であるサイトカインの暴走を防ぐためにも、免疫力を高めておくことが大切です。

まとめ

免疫力を高めることで、コロナやインフルエンザといった感染症を予防するだけでなく、もし罹ったときには重症化を防ぐことに繋がります。また、免疫力を高めることは自律神経を調整することでもあり、それは心理的安定にも繋がります。

コロナについては今後どのようになっていくのか見通しがつきません。ワクチンの供給や安全性については課題があります。今、できることをできるところから実践していくしかありません。そのひとつとして、免疫力を高める方法を実践していきたいと思います。特に、朝の食事や間食を見直していくことと、自律神経の調整のための方法を応用していきたいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を最後までご覧いただきありがとうございます。

少しでも面白かった、参考になったと感じていただけたら、バナーをクリックしてランキングの応援をして頂けないでしょうか?よろしくお願いします。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA